頭皮 乾燥 対策

頭皮の乾燥への対策

頭皮の乾燥の原因はまだあります

頭皮の乾燥に関しては、皮脂の洗い流し過ぎが原因である事に触れました。しかし、他にもまだ様々な原因があるので、油断は出来ません。血行不良が原因で起こる頭皮の乾燥は、血液の流れが悪い事で、頭皮に必要な栄養が行き渡りにくくなる事から起こります。特に寒い日は血管が縮んでしまうので、より血行が悪くなるので、暖かくしないといけません。頭皮に栄養が行かないと言う事は、必要な脂分を分泌する力が無くなるだけではなく、栄養が行かないので髪を育てると言う、育毛の力も損なわれてしまいます。
また、春や夏場の暑い日、特に直射日光がすさまじい日には水分が奪われて干上がってしまい、乾燥の原因になります。紫外線にも気をつけなければなりません。紫外線は皮脂を酸化させる働きがあるので、毛穴を塞いで育毛を妨げ、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

頭皮を乾燥させないために対策を立てましょう

頭皮の乾燥について色々見てきましたが、原因が分かっていれば、対処も出来ます。皮脂の洗い流し過ぎによる乾燥に対しては、洗い過ぎないようにする事が対策である事は簡単に分かりますね。1日に何度もシャンプーでごしごしと洗っている人は、さっぱりして気持ち良いのはわかりますけど、1日に1回に押さえるようにしましょう。
また、ジェルやカラーリングをしている人も、なるべく1回で洗髪を済ませて、洗い過ぎに注意する事です。血行が悪くて乾燥する事が原因なら、暖かくして血管を広げるか、血行が良くなるようにマッサージをこまめに行うと効果があります。紫外線については、紫外線対策をする必要があり、日差しの強い日は必ず帽子をかぶりましょう。最近では、紫外線対策の施してある帽子もあるので、そちらを使うと良いですね。