頭皮 乾燥

頭皮のトラブル・乾燥

頭皮は髪で守られていても乾燥します

冬の乾燥している日には、頭がかゆくてぼりぼり引っかいてしまう人がいます。また、冬に限らずとも乾燥肌の人ならば頭皮が乾いていてよくかいてしまう事もあります。頭皮が乾燥する原因は幾つかあるので、これが全ての原因だ、という事は一概には言えません。
ただ、自分はどの原因で頭皮が乾燥しているのかが分かれば、対処する事も可能です。頭皮の乾燥する原因で一番多いと言われているのが、頭皮の脂分が少ない事です。頭皮の脂分といえば皮脂を連想すると思いますが、確かに皮脂が充満しいると清潔に保たれていない事になりますし、皮脂が毛穴を塞いだりばい菌が繁殖していると、育毛を阻害してしまうので、これはこれで気をつけなければなりません。でも、脂分が無さ過ぎるのもいけないのです。

頭皮の脂は適度に存在しなければならない

皮脂悪玉論的な意見も見受けられますが、完全になくなってしまうと皮脂の役割である保湿としての機能もなくなってしまいます。特に夏場になると、何度もシャンプーでごしごしと洗い流す事で、確かに汗の汚れやばい菌も洗い流して清潔にはなりますが、同時に脂分も必要以上に洗い流していることになります。その結果、保湿能力が無くなる事によって、頭皮が乾燥してしまうのです。
また、ジェルを塗りたくったり髪をカラーリングする人が最近増えていますが、そういう人も髪を必要以上に洗い流す必要がありますので、結果的に脂分も根こそぎ洗い流してしまい、乾燥する状態を招きます。皮脂は適度に残しておくことが、乾燥に対するポイントですね。