頭皮 かさぶた

頭皮のトラブル・かさぶた

頭皮にもかさぶたはできるものです

頭をぼりぼりかいていたら、何かががりっと引っかかって、かさぶたのようなものが取れる事ってありませんか?髪で隠れて分かりにくいのですが、頭皮も怪我をする事があります。切り傷等が治る時に、かさぶたって出来ますよね。それが頭皮にも起こっていて、専門的な言葉で脂漏性皮脂炎と言います。
脂漏性皮脂炎とは、ばい菌等の影響により炎症を起こしている状態です。
普通は、怪我をしたらかさぶたが出来て、自然に剥がれ落ちて治っていくものですが頭皮はそういった怪我以外にも、ばい菌や紫外線等の外部からの影響からかさぶたが出来てしまいます。かさぶたが出来ると髪が生えてくる毛穴も塞いでしまい、育毛も妨げてしまうので頭皮のかさぶたは厄介なものなのです。

無理に爪で剥がしたりしないこと

その他にも、アトピー性皮膚炎でかさぶたが出来てしまう人もいますし、脂漏性湿疹といった別の原因もあります。日常的に出来る対処方法としては、皮脂によるものが原因である事が多いので、きちんと毎日シャンプーで髪と頭皮をケアする事です。汚れをしっかり洗い流してあげる事で、髪と頭皮をいつも清潔にしておけば、皮脂がたまってばい菌を繁殖させず、脂漏性皮脂炎にならないようにする事が出来ます。
爪で無理に剥がしていると、そこが怪我になり、ばい菌の温床となってしまって、またかさぶたが出来る、という悪循環が生まれてしまいます。他の箇所の怪我と同じように、爪でかいたりむやみに触らないようにする事が大切ですね。